SNSで注目を集める写真を撮るコツ教えます

写真を撮る時に覚えておくべきこと

料理は真上からのアングルで撮影をする

雑誌に載っている料理写真は当然プロが撮影しているのでとても参考になります。
ポイントは「真上から撮ること」です。
大勢で食事をする時など、料理の種類が多い時はドリンクなども一緒に並べて真上から見下ろしたアングルで撮影してみてください。
華やかでワイワイとした雰囲気が伝われば成功です。
また、ひとりでフラっと立ち寄ったカフェなどで単品の料理の場合は斜めからのアングルで料理をアップにして撮影します。
料理全体を写真に納める必要はありません。
かといって、超アップ写真は見ていて息苦しくなるのでテーブルの一部も入るようにして料理がメインになるアングルがおすすめです。
屋外で食べるクレープやソフトクリームなど手に持てるものは、手を少し上にあげてちょっと下からのアングルで撮影します。
この時、背景はぼかして食べ物を際立たせるとより効果的です。

自然光を活用して撮影をする

スマホもカメラも技術の進歩で素人カメラマンでも素敵な写真を撮影することが可能になりました。
そこで、知り合いのプロのカメラマンにプロとアマの違いは何ですか?と聞いたみたところ、照明の使い方という答えでした。
確かに写真の中の被写体の明るさは、写真の印象を大きく左右します。
プロが持っている照明機材を購入する必要はありませんが、自然の光、日光を上手く使うことで綺麗な写真を撮ることができます。
天気の良い日に限られますが、ポイントは被写体に日光がサイドか斜め前から当たること。
被写体に前面から日光が当たるとカメラマンの影が映りこんでしまう場合があるので、要注意です。
慣れてきたら逆光を利用して撮影してみてください。
逆光を上手く活用できるととてもおしゃれな写真になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る